患者さまに寄り添う看護の実践 ホスピタリティ、それは暖かいおもてなし 住友病院 看護部長 加藤綾子 住友病院看護部では、何よりも安全で安心して入院生活が送れるよう質の高い看護の提供を目指しています。そのためには、一人ひとりの看護師が豊かな人間性と高度な知識・技術を備えていることが欠かせません。
私たち看護師は相手をひとりの人間として、相手の意思・気持ち・存在を尊重し、心と心のつながりを大切に、「患者さまに寄り添う看護の実践」を目指したいと考えています。
具体的には、常に患者さまの目線に立って物事を考えているか、患者さまにとって最善の治療やケアが選択できるようなかかわりができているかを、常に問いかけながら日々の実践を大切にしています。患者さまから高い満足度評価をいただいており、これに満足することなく更なる向上を目指し、看護職全員で努力して参りたいと思っています。
また、看護職員一人一人のキャリアアップを支援し、優秀な看護職員を育成することに注力しています。学生実習指導、スタッフ教育を通して、育て育ちあうお互いが成長していける職場です。前向きで心優しい誠実な看護師が職場雰囲気を作り、職場環境がまた人を育てると言います。地域の患者さまご家族の皆様に選んで頂ける病院を目指していきたいと思います。
このページトップへもどる